安心&メリットをプラス!おすすめの特約

交通事故はいつだれの身に起こるか分かりません。いくら安全運転をしていてもちょっとしたことで事故が起きてしまいます。

 

そんな交通事故、自動車保険に加入していればちゃんと補償されますが、その補償にさらに安心をプラスできる、契約者に優しい「特約」をご紹介します。

 

特約の名前は各保険会社によって異なりますので、調べる時は似たような名前の特約をチェックしてみてくださいね。

 

対物超過修理費用特約

これは対物賠償責任保険とセットで付ける特約です。

 

事故により、相手の車が「全損」となってしまった場合に、その時価額と修理費用の差額を一定金額まで補償出来るという内容です。

 

分かりづらいと思いますので、例をあげてみます。

 

コアラさんはパンダさんの車に追突する事故を起こしてしまいました。

 

コアラさんが追突してしまった相手のパンダさんは、発売から15年経過した古い軽自動車に乗っていました。

 

パンダさんの車の後部は無残にも潰れてしまっています。コアラさんは必死に謝りました。全部私の保険で直しますからと、約束しました。

 

パンダさんは修理工場に持ち込みましたが、修理費用が50万円ほどかかると言われました。

 

ところが、コアラさんの保険会社がパンダさんの車を査定したところ、修理費用は50万円だけど、この車の価値は10万円しかないから、賠償できるのは10万円までということになったのです。

 

そして、保険会社はパンダさんに、賠償金は10万円までしか支払えないことを伝えました。

 

パンダさんは嘆き悲しみ、そして怒りました。その怒りの矛先は保険会社だけではなく、修理すると言ったコアラさんにまで及びました。

 

パンダさんはコアラさんに何度も何度も電話をして、修理代を全額支払ってほしいと言いました。

 

コアラさんは困り果ててしまい、保険会社に相談して、裁判をすることになりました…。

 

いかがでしょうか。悲しいお話ですよね。

 

どうして、保険会社は修理代を全額支払えないの?と疑問に思うかもしれませんが、今の日本では壊れたものを賠償するのは、そのモノの時価額(その時の価値)が限度だと決まっているのです。

 

過去の裁判でそのように判断されています。ですので、保険会社は時価額までしか賠償しません。けど、それじゃ加害者も被害者も困ってしまいますよね。

 

実は、このコアラさんとパンダさんのようなやり取りが日本中で繰り広げられていたんです。

 

そこで登場したのがこの特約「対物超過修理費用特約」です。

 

本当は時価額までしか賠償できないけど、この特約に加入して入れば時価額プラス、50万円まで支払うことができるのです。(50万円が限度という保険会社が多いようです。)

 

今回のケースですとパンダさんの車の時価額は10万円、修理費用は50万円ですからこの特約を利用すれば、きれいに修理することができます。そうすれば裁判で不毛な争いを繰り広げることなく、お互いにすっきりと示談をすることが出来ますよね。

 

いかがでしょうか?この特約はそれほど保険料が高くありませんので、ぜひ加入を検討して頂きたい特約です。

 

弁護士費用特約

この特約は車を乗っている時のお守りのようなものです。自動車事故で被害に遭った時、その修理代などを請求する時に使える特約です。

 

そんなの保険会社に任せちゃえばいいじゃないと思うかもしれませんが、実は保険会社が交渉できないケースがあります。

 

例えば、自分自身に一切過失割合が生じない事故です。追突されたとか信号無視の車とぶつかったという状況です。

 

こういった事故状況の場合は保険会社は手出しが出来ません。自分で交渉するしかないのです。

 

相手がまっとうな人や保険会社だったらいいのですが、中にはそうではない人もいます。自動車保険に入っていなくて交渉に応じなかったり、保険に入っていても自分の過失を認めなかったりという場合があるのです。

 

こんな時、この特約「弁護士費用特約」があれば、本当に助かります。

 

弁護士や司法書士といった法律の専門家にアドバイスを求めることもできますし、代わりに交渉してもらうこともできます。

 

追突されたけど相手が修理費用を支払ってくれない、などというケースで、この特約があればビシっと解決することができます。

 

この特約の嬉しいところは、一家に一台この特約に加入しておけば、どの車も補償されるところです。夫の車に弁護士特約をつけていれば、妻が自分の車で事故をしても補償されます。

 

しかも、保険料はごくごく安くて月に100円から200円程度という保険会社が多いのです。

 

弁護士特約は安全運転のお守りだと思って加入しておいて損はありません。

 

新車特約

これは車両保険とセットになる特約です。

 

新車登録から2〜3年以内の車に付けることが出来ます。保険料は格安です。

 

これをつけておくと、事故をして、一定金額以上の修理代がかかる場合(保険会社によって異なります)、再び新車を購入する金額が補償されるのです。本体だけではなく、税金や諸費用が賄われます。

 

折角新車を買ったのに数か月で大事故を起こしてしまうというお話はよくありますので、新車を買ったら入っておくと安心です。

 

 

ここではおススメ特約を3つご紹介しました。どの特約も保険料はお安いのに、最大限の安心を得ることが出来る特約ですので、余裕がある人は入ることを検討してみましょう。

 

自動車保険のおすすめの特約いかがでしたでしょうか?

 

当サイトでおすすめしている自動車保険のプランでは、

 

「プラン2:車両保険に加入したいけど、保険料は安く抑えたいという方のプラン」に、対物超過修理費用特約を、

 

「プラン3:自分への補償、相手への補償も最大限につけたいという方向けのプラン」で、対物超過修理費用特約と弁護士費用特約

 

を入れています。

 

また、全てのプランで「対物超過修理費用特約」と「弁護士費用特約」の両方をつけることを検討することを推奨しています。

 

わずかな保険料でいざという時の安心が得られるので、保険料よりもメリットの方が大きいと考えているからです。

 

実際に見積もりを取って保険料を確認してみましょう。

 

タイプ別!おすすめの自動車保険3プラン