車両保険の種類と免責金額

車両保険とは?

いざという事故の時、壊れてしまった自分の車を補償してくれるのが車両保険です。

 

自分の車の市場価格に見合った金額が保険金額になります。市場価格より低すぎる金額や高すぎる金額は設定できないようになっています。

 

その保険金額の範囲の中で修理が出来る場合は、修理費用が支払われます。

 

修理代が、保険金額を大きく上回ってしまうという場合には保険金額が支払われます。

 

保険金額が100万円の車が事故で大破し、修理費用が120万円かかるという場合には、100万円のみが支払われます。「全損」という状態です。

 

保険会社によっては全損になった場合、保険金額の10%がお見舞い金という形で支払われる会社もあります。

 

車両保険に入ると保険料が高くなるから加入しないという人も多いかと思いますが、車は少しぶつけただけでも修理費用が高額になりがちです。

 

すぐに車に使える余裕資金がある人は不要かもしれませんが、高額な修理費用や買い替え費用は払えないという方は、加入しておいた方が安心です。

 

車両保険の中にも保険料がお得なタイプもありますので、余裕がないという人はお得なタイプの車両保険に加入しておくといいでしょう。

 

車両保険の種類って?

車両保険には大きく分けて2種類あります。「一般タイプ」と「エコノミータイプ」です。

 

一般タイプ

事故に起因して車が破損してしまった場合にその修理費用が支払われます。

 

ここでいう事故とは、単独事故、車との接触事故、転落事故、水難、いたずら、火災、などです。ガードレールにこすってしまった、当て逃げの被害に遭った、出会い頭に他の自動車とぶつかった、石が飛んできてガラスが割れた、など様々なケースで保険金が支払われます。

 

補償される範囲が広い分保険料は少し高めです。ただ、新車に乗っている人や車はきれいにきちんと修理したいという人はこのタイプに入っておくと安心です。

 

エコノミータイプ

このタイプは、補償する範囲が狭くなっている分、保険料がお安くなっています。

 

ではどういう時に支払われるか?というと、他の車との接触事故、窓ガラスへの損害、飛来物との接触などです。簡単に言うと、当て逃げや、自分でガードレールにこすってしまったという場合は支払い対象になりません。

 

大きな事故というのは大体が車同士の接触です。だからエコノミータイプに加入しておけば自分の車の補償も最低限はクリアできると言えます。

 

大きな事故に備えて車両保険に入りたいけど、保険料が心配という人は、このエコノミータイプに加入しておくといいですね。

 

 

車両保険の免責金額

車両保険には、「免責金額」というものを設定することができます。免責って何かというと、自己負担金額です。

 

例えば車両保険100万円加入で、免責5万円だった場合、修理費用が5万円を超えたら保険から支払われるのです。修理費用が15万円だったら、保険からは10万円支払われるという形です。

 

免責金額の付け方にも種類があります。

 

@免責あり「0-10万円」型。
これがノーマルなタイプで、1年で、1度目の事故は自己負担ゼロで、2度目の事故は自己負担10万円です。

 

A免責あり「5-10万円」型。
いわゆる免責金額ありタイプです。1度目の事故から自己負担額が出ます。

 

B免責あり「5-10万円」、車対車免責ゼロ型。
ちょっと難しい用語が出てきましたが、用は他の車との接触により事故をした場合は免責金がゼロになるというタイプです。

 

保険料の高さから行くと@>B>Aとなります。

 

自己負担額があるなんて嫌だと思うかもしれませんが、その分保険料がお得になります。

 

とある保険会社で、同条件で見積もりをした場合@とAでは年間に6000円も保険料が違いました。

 

これは車種や等級にもよりますので、あくまでも一例ですが、免責を設けるだけでこれだけ違ってくるのです。

 

車両保険をつけたいけど出来るだけ保険料は安くしたいという人は、免責金額を設定するのも一つのアイディアです。

 

車両保険はつける?つけない?

車を修理したり、最悪買い替えなければならない状況になった場合に、すぐに用意できるお金を貯金で持っている人は、車両保険は必要ないと思います。

 

しかし、例えば、新車を買ったばかりで、車の修理代や買い替えの費用なんて用意できないという場合などは、つけた方が良いと思います。

 

とある保険会社の車両保険の支払保険金の平均金額は約22万円というデータがあります。

 

この金額を高いとみるか安いと見るかは人それぞれですが、そんなに支払えないと思ったらエコノミータイプでもいいので、車両保険に加入しておいた方がいいでしょう。

 

車両保険の種類と免責金額についてご理解頂けましたでしょうか?

 

当サイトでおすすめしている自動車保険のプランでは、

 

「プラン2:車両保険に加入したいけど、保険料は安く抑えたいという方のプラン」で、エコノミータイプ・免責あり5-10万円型

 

「プラン3:自分への補償、相手への補償も最大限につけたいという方向けのプラン」で、一般タイプ・免責あり0-10万円型

 

を入れています。

 

車両保険もつけ方によって、保険料を安く抑えることができます。

 

プランの内容で見積もりを取って保険料を確認してみましょう。

 

タイプ別!おすすめの自動車保険3プラン