これだけは付けておくべき補償内容はコレです!

「自動車保険の保険料を安くするために、限界まで補償内容を削りたいんだけど、どれを削っていいのか分からない」

 

という声をよく耳にします。

 

保険料を安くしたいがために補償内容を削ったはいいけど、実際に事故にあった時に十分な補償が得られないのであれば本末転倒ですよね。

 

ということで、「これだけは最低限付けておくべき補償内容」について説明します。

 

自動車保険に必要な最低限の補償は下記の3つです。

 

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害保険

 

 

対人賠償&対物賠償保険は無制限に!

 

俗に言う対人・対物保険です。

 

人に怪我をさせてしまった場合に支払われるのが対人賠償で、車や家、ガードレールなどを破壊してしまった場合、支払われるのが対物賠償です。

 

これらの補償の上限金額も自分で設定することが出来ます。1000万円や500万円といった金額から無制限まで、自分で好きなように選ぶことが出来ます。

 

しかし、事故を起こした場合の「相手方への賠償」である二つの補償内容は、「無制限」にしておくべきです。

 

対人賠償は言うまでもなく、対物賠償も高額な賠償が発生することは多々あります。

 

以前、首都高速道路でトラックが炎上しましたが、その修理費用は億単位となってしまいました。

 

もし、対物賠償保険の補償金額を1000万円と設定していた場合、億単位のとんでもない額の賠償金を自腹で支払わなければならなくなります。

 

このようなケースは、そんなにめずらしいことではありません。

 

本来保険は、このように万が一高額な賠償をしなければならないケースになった時に困ることがないように入るものです。

 

保険料が高くなることを心配する人もいらっしゃるかもしれませんが、無制限よりも安い補償額と無制限との保険料の差は数百円程度です。

 

わずかな保険料をケチって大きなリスクを背負いながら車を運転するって・・・自動車保険に入っている意味がないですよね。

 

大事なのでもう一度言います!対人賠償&対物賠償保険の補償額は無制限にしましょう!

 

 

人身傷害保険も必要です

 

これは運転していた本人や同乗者の怪我を補償する保険です。

 

怪我をした際の治療費や通院交通費、怪我で会社を休んだ際の休業補償に、通院日数に応じた慰謝料などの保険金が支払われます。

 

この人身傷害保険さえあれば、怪我の治療費で自己負担が生じることはまずありません。

 

交通事故の通院の場合、救急等を利用すると治療費は高額になってしまうケースが多いですから、加入しておく必要があります。

 

支払い上限金額を3000万円程度に設定すれば、保険料もさほど高額にはなりません。

 

似たような保険で搭乗者傷害保険というのもあります。

 

これは通院日数や症状に応じて一定の金額が支払われる保険ですので、これに加入していたとしても治療費などの自己負担は出てきてしまう可能性があります。

 

保険料が安いという理由で搭乗者傷害保険のみに加入していると後で痛い目にあいますので、人身傷害保険のみに切り替えましょう。

 

 

もう少し余裕がある方は車両保険も検討してみましょう

 

では次に、余裕があれば加入しておくと安心な補償をご紹介します。

 

それは自分自身の車の修理費用などを補償する「車両保険」です。

 

車両保険にも大きく分けての「一般型」「エコノミー型」の2パターンあります。

 

一般型というのは、単独事故から、他の車との衝突事故までを補償するフルカバータイプです。その分保険料は高くなります。

 

エコノミー型はその名の通り、保険料が低く抑えられています。その分補償内容が限定されていて、他の車との衝突事故に限り保険金が支払われます。

 

単独事故に比べて、他の車との衝突事故は修理費用も大きくなるケースが多いですので、「エコノミー型」に加入しておくといいでしょう。

 

 

あくまで最低限の補償で組んだプランです

 

これまでご紹介してきた「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害保険」の3つで組んだ保険は、あくまで「最低限必要な補償」です。

 

確かに保険料は安く済ませますが、正直これでは心配な面もあります。

 

あなたにとって必要な自動車保険は、ただ安い自動車保険ではなく、『安心できる補償内容+保険料が安い自動車保険』だと思います。

 

ですから、安い自動車保険会社を探すのではなく、補償内容と補償額を選んで、その条件をもとに保険料を比較して決めるのが賢い自動車保険の選び方です。

 

こちらのページで補償内容と補償額の選び方やおすすめプランをご紹介していますので、あなたが求める補償内容と補償額を選ぶ参考にして下さい。